高岡青年会議所将来構想検討特別委員会

花田 将司 

スローガン
『 全メンバーと共に輪一緒(わっしょい)  』

 

皆さまこんにちは!
私は、本年度高岡JCの副理事長兼高岡将来構想検討特別会議議長を務めます、花田と申します。

長々しいややこしい役職と思ったでしょう笑
で、なぜこの様な高岡将来構想検討という名称なのかは理事長ブログでも触れておりますが、ここで改めて触れて、あと議長とは何かを考えてみたいと思います!

1970年10月14日に高岡JCが設立され、来年2020年に半世紀である50周年を迎えます。会社に置き換えると非常に長寿企業であり、如何にこの地域に根付き活動してきたかを考えさせられ、この環境をつくって頂いた諸先輩方の運動と活動に敬意と感謝を申し上げる次第です。
この50周年を迎えるにあたり、前年度である2019年に於いて、今までの歴史を振り返ると共に先の未来を見据え、この地域になくてはならない組織であるため、将来ビジョンと共に今の運動方針でいいのかまた、各諸規定でいいのか、風土でいいのかを議論して行こうと思います。会社に置き換えるとシンプルで、揺るぎない理念のもと、この先更に永続企業となる為には今のビジョンや方針でいいのか、今の規定で社員は働きやすい環境なのか、求人をしても入り易い環境なのかを決めて行くという事です。
あともう一つ、2020年に全国城下町シンポジウム高岡大会を誘致致しました。
この大会は城下町を有するJCの組織が加盟しており、全国よりJCメンバーが約1500人集まる大会です。その大会の準備を前年度から創り上げていきます。この大会は2003年に高岡で開催され、17年ぶりの誘致です。当時の大会は全国的に非常にインパクトを与え、未だに素晴らしい大会であったと引き継がれています。我々今のメンバーは当時を超えるような大会を構築していこうと思っております。

当委員会では、この2つ軸を創り上げていくわけですが、決して別々のものと捉えず、融合させ、50周年という大きな傘の中に、非常に大きなインパクトを与える事業として全国城下町シンポジウムを見据えております。
その準備となれば、様々な価値観のもと色んな意見が出てくると思います。青年会議所は未来を見据えこの地域が良くなる為に、青年が会議し実行する場所なので、意見が飛び交うことが正解なのですが、半世紀を迎え次の1歩目が故に非常に重要であり、それらを取り纏めていくということは結構な労力が必要と思います。

議長とは、それらを集約し合意をとりひとつの方向に結束していくことです。メンバー全員を巻き込み、決まったことに対して皆がモチベーション高く活動に取り組む環境を整えることが肝要であります。その役割は非常に重く捉えており、本年度の準備如何によって未来を占いものと思っております。逆に捉えると非常に遣り甲斐があることです。楽しみながら、皆と共に学びの多くも更に共鳴しあえる年にしていきたいと思います。

市民の皆さま様々なご協力をお願いすると思います!
是非、お力添え頂きます様お願い申し上げます。


会員拡大・研修特別委員会

大坪 洋輔 

スローガン
『 まず一歩踏み出そう! 』

 高岡青年会議所では魅力あふれる心豊かな地域(まち)「たかおか」の創造に向け日々活動をおこなっております。
会員拡大・研修特別委員会では、JC運動及び活動を通して得た知識や経験を自己完結で終わらせるのではなく、企業や地域、そして地域を担う次世代へ
還元できてこそJAYCEEとしてのあるべき姿だと考えています。
したがって、一人でも多くの同志を集い、更にメンバー間の絆を深め、より活発で効果がある活動を行い、魅力あふれる地域に繋げて行けるように頑張っていきます。
また、高岡青年会議所は2020年度に創立50周年を迎えます。これまで、生まれ育った自分たちの地域をより良く発展させてこられた先達の強き想いを、我々メンバーは
しっかりと引き継ぎ、更なる新時代に向けて挑戦していかなければなりません。その為に今年度は今一度原点を見つめなおす共に、めまぐるしく変化が速いこの時代に対応すべく人間力を
高め、企業、地域に貢献できる人財となれるよう邁進していきます。1年間どうぞ宜しくお願い致します。

 


人財育成委員会

丸山 武 

スローガン
『  誠実に、柔軟に、革新的に   』

 人財育成委員会は、世のため人のために行動できる人財と成る為の学びの場を創造していく委員会です。
2019年度は理事長方針にもございます通り「原点回帰」を軸とし、社会人の学びとは何なのか、その根源を考え抜き、皆で学び、皆で成長していく事を目的とし例会、オープン委員会等を開催して参ります。

自ら率先して行動を起こし、自らの周囲により良いインパクトを与える事ができるよう、
委員会メンバー一丸となり邁進致します!

オープン例会、オープン委員会等、どなたでも参加できる企画を通し、皆様と共に学び、成長していきたいと考えております。
1年間どうぞよろしくお願い致します!!


国際人育成委員会

奈部 潤弥

スローガン
『  try to challenge myself  』

 近年、インバウンドにより地方都市を訪れる外国人の増加、減少する労働力を補うために外国人定住者も増加傾向にあります。急速にグローバル化が進む中で地域が健全な発展をしていくためには、外国人と互いに尊重し合い、共存共栄していかなければならないと考えております。
その為には我々自身がまず寛容な心を持って、全ての人を分け隔てなく愛することのできる人財であることが必要と考えており、当委員会ではそのような人財に成長することを目的とし、オープン例会、韓国大邱壽城青年会議所との交際交流事業を開催致します。
市民の皆様と共に学び、成長できればと思いますので、是非ご参加下さい。
委員会メンバ―一丸となって準備して参ります。1年間どうぞよろしくお願い致します。


 

 

まちづくり実践委員会

山口 克次 

スローガン
『 温故知新  』

 2019年度は、高岡開町410年という節目の年であります。委員会スローガン「温故知新」とし、今一度、歴史を紐解き、町民が主体的となり現代までどのように発展させてきたのかを学ぶ事で自分たちのまちは自分たちで創るという気概を高める学びの機会を創出します。一人でも多くの方に我々のまちづくり運動を知って頂けるように共に学び、楽しみながら成長していく事を目的としオープン例会、市民を巻き込んだ周年事業を開催して参ります。委員会メンバー一丸となり猪突猛進して参ります!
1年間どうぞよろしくお願い致します!!


 

 

次世代育成委員会

米田 恵樹

スローガン
『 熱意、誠意、創意 』

 2019年度次世代育成委員会では「熱意、誠意、創意」のスローガンのもと、熱意をもってJC運動を邁進し、誠意をもって地域の皆様と交流し、創意をもって例会構築事業構築に当たります。
また、委員会方針として昨今、人生100年時代やAI時代など叫ばれる中、これからを生きる子供たちは未知なる時代に対して自ら切り開いていくためにも思考力を高めていく必要があると考えています。その、子供たちの思考力を高めるために、青年会議所として何ができるのか。考えるとは何なのかを真剣に考え向き合い、例会並びに事業構築を進めて参ります。そして、その活動を通じて委員会をはじめとするLOMメンバーへの成長に繋げて参りたいと考えております!共に学び、共に成長しましょう。1年間、どうぞ、宜しくお願いします!


 

 

財務委員会

山田 清香

スローガン
『 一人ひとりが主役  』

 こんにちは!財務委員会では、会員の皆様の会費を適正に有効に使われているか、公益性やコンプライアンスを守れているかをしっかりチェックしていきます。また、SNSを利用して、高岡青年会議所の運動やJCの魅力をより広く多くの方々に向けて発信していきます。一人でも多くの方々にJCの魅力が届くよう、陰で支え、対外にもより良い情報をお届けしていきます。一年間どうぞよろしくお願いいたします。


 

 

総務委員会

広野 隆一

スローガン
『  日々精進   』

 公益社団法人高岡青年会議所は名前にも含まれていますが、高岡が「魅力あふれる心豊かな地域(まち)高岡」になっていくにはどんな事をしていくべきか議論し、また会議や事業を通して社会に貢献できる人財を育成するために多くの会議を行う団体です。総務委員会では団体としての意思決定を行う場である理事会・総会の運営を行っていきます。組織運営という重要な担いでありますが委員会メンバーで協力し合ってしっかり行って参ります。1年間どうぞよろしくお願い致します!